City Updates

メルボルン郊外のモーニントン半島に佇む、アートと食の融合を実現した気鋭のワイナリー ― Pt. Leo Estate

Founding Story

メルボルン市内から車で1時間強のモーニントン半島には、ブドウ園は200以上、セラードア(ワインの試飲・直売所)を有するワイナリーは50以上もあると言われている。そんなワイン産地に、2017年、豪華なレストランチームと豊富な屋外アートが特長のワイナリー『Pt. Leo Estate』がオープン。メルボルンの億万長者・ガルデン家が20年以上育ててきたブドウ園、集めてきたアート作品は、気鋭のワイナリーとして披露された。

Feature

『Pt. Leo Estate』は、自分の時間を取り戻したい人にとって、最良のワイナリーだ。5ツ星を超えるユニークな場を目指すワイナリーは、絶景を望む最高の立地を好材料に、ローカル性を追求。その土地固有の「アート×ワイン×食事」で特別な時間を提供してくれる。

世界から集められた約50種のアート作品は、ワイナリー前に広がるウェスタンポート湾をはじめ、周辺の風景に馴染むように配置され、ゆっくり1時間かけて巡ることができる。食事にいたっては、メルボルンのAtticaなどの有名店で、エグゼクティブシェフやレストランマネージャーを務めた錚々たるチームが地元食材の個性を堪能できるユニークな食事を提供。

また、モーニントン半島は、1870年代からメルボルン郊外の閑静な保養地としての歴史があり、イチゴやオリーブ園、ビーチ、そしてゴルフコースと何でもそろう。家族や友人とのプライベートな時間だけでなく、顧客や同僚との親交を深めるのにも最適だ。

Specs

彫刻公園 / セラードア

・営業時間:11:00~17:00(レストランで食事をしていない人は10ドル)

レストラン

・営業時間:12:00~21:30(水曜・日曜のみ、17:00まで)

・住所: 3649 Frankston - Flinders Rd, Merricks VIC 3916