City Updates

人と人との有機的な出会いをソフト・ハード両面で追求する、メルボルンのコワーキングスペース― The Commons Collingwood

Founding Story

『The Commons Collingwood』は2016年、AesopやT2等のメルボルン発祥の世界的ブランドが隣接する郊外Collingwoodに誕生したコワーキングスペース。 現在メルボルンを中心に、4カ所で展開している。インキュベーションスペースの役割も担い、Techスタートアップだけでなく、広告代理店、大手の音楽タレントマネージメントエージェンシーなどにもスペースを提供している。

Features

『The Commons Collingwood』は、オーストラリアで最もクリエイティブなエコシステムと自らを謳い、具現化に迫るコワーキングスペースだ。プレイスメイキングをも行なう建築事務所・Six Degrees Architectsが設計したこともあり、元倉庫はメンバー同士の交流を生み出す場に見事に生まれ変わった。

「誰もがメンバーになれる訳ではなく、多様な分野で活躍する人・スモールチームを選んでいる」という創業者の言葉に注目したい。「コワーキングスペースの価値は、企業のコラボレーションを生むこと」という価値観は、ヘルシンキにある北欧最大級のコワーキングスペース『Maria01』に通じる。実際に、相性の良さそうな人同士をつなぐコミュニティマネジメントも行なわれているのだ。そのほか、ヨガや瞑想等のウェルネスプログラムや、卓球台・ゲームマシーンなどの、リラックスと交流のためのソフトやハードがひと通り揃う。また、クリエイティブ業務に関するメンバーが多いこともあって、メイクアップ・ヘアサロンや衣装部屋などが併設されるかたちで撮影スタジオも完備されている。

グリーンや光をうまく採り入れた中庭の何気ない会話から、新しいビジネスの種が蒔かれる。『The Commons Collingwood』は、そんな期待が膨らむコワーキングスペースだ。

Specs

用途:会員制コワーキングスペース

・会費:ホットデスク:月$410、固定デスク:月$640、プライベートオフィス:月$1,600
・会員特典①:The Commonsの他の3拠点が利用可能
・会員特典②:ウェルネスプログラムと各種イベントに参加可能
・会員特典③:キッチンやジム、シャワー、撮影スタジオが使用可能

・住所: 36-38 Gipps Street, Collingwood, VIC, 3066